ひこぱっちのメモ

ぽよっとまがじん

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

【アナウンスカラオケ】歌えなくても楽しい!鉄道・飛行機のアナウンスがJOYSOUNDに登場!

f:id:HikoPatchi:20180509224625j:plain
こんにちは。
皆さんカラオケを楽しんでますか?

最近のカラオケは配信サービスが多様化してきて、「歌が上手く歌えない…」って人も「なんかカラオケで一発芸したい」って人も楽しめるコンテンツがどんどん増えてきました。

つい先日、JOYSOUNDでは『アナウンスカラオケ』という一風変わったカラオケコンテンツが配信開始されました。
今日はこの『アナウンスカラオケ』を紹介します。


アナウンスカラオケ第1弾:車掌アナウンスが楽しめる『鉄道カラオケ』

f:id:HikoPatchi:20180509224624j:plain
アナウンスカラオケ第一弾は、皆さんも普段よく利用している電車のアナウンスです。

東京の電車を中心に、車内で流れるアナウンスをカラオケで実際に体験することができるのです!

f:id:HikoPatchi:20180511074755j:plain
鉄道カラオケの楽曲を検索するには、歌手名に「てつどう」と入力します。
f:id:HikoPatchi:20180511074756j:plain
「鉄道カラオケ(fromテイチク鉄道ビデオ)」を選択します。
f:id:HikoPatchi:20180511074757j:plain
鉄道カラオケの楽曲が表示されます!

ジャンルは「本人映像」となってますが、映るのは運転席から見た景色です。
本人とは。
f:id:HikoPatchi:20180511074758j:plain
f:id:HikoPatchi:20180511074801j:plain
アナウンスカラオケ出発進行!

臨場感ある運転席からの映像

カラオケ映像で流れるのは、運転席から見た景色。
さらに電車の走行音、地下鉄の反響なども収録されており、とても臨場感のある映像になっております。
f:id:HikoPatchi:20180511074802j:plain
今回は池袋から出発。ご丁寧に駅名も表示されます。
実際に自分が運転席に立ったような気分ですね。

f:id:HikoPatchi:20180511074803j:plain
f:id:HikoPatchi:20180511074804j:plain
さぁ、車内アナウンスの開始です。

電車のアナウンス独特のあのくぐもった声でレッツアナウンス!
f:id:HikoPatchi:20180511074759j:plain
英語の車内アナウンスもバッチリ収録。
英語の練習にもなるかも?

f:id:HikoPatchi:20180511074800j:plain
電車なので「間奏」ではなく「間走」なのが面白いです(笑)

間走中は運転席から見える景色について話すと面白いかも?
(写真は地下鉄なので特に何も見えないですが(汗)

f:id:HikoPatchi:20180511074805j:plain
新大塚駅に到着しました。
お疲れ様でした。

電車が到着して扉が開くところの音もバッチリ収録されてます。

電車アナウンスの採点、キーの調節も可能

f:id:HikoPatchi:20180511074816j:plain
必要があるのかどうかわかりませんがこの鉄道カラオケはなんと採点することもできます(笑)

と言っても、アナウンスは激しい音程の高低差があるわけでもなく、平坦な文章なのでただ淡々と続くので、普通に話せば高得点が取れそうです。

ついでにキーの調節や早さ調節もできます。
電車の走行音が低くなったり、遅くなったり、好きな電車走行音にアレンジできます(笑)


配信済みの鉄道カラオケの路線

京浜急行電鉄の鉄道カラオケ

f:id:HikoPatchi:20180509224622j:plain
少し前にTwitterで流行った、「ダァ!! シエリイェッス!!シエリイェッス!!」は京浜急行の車掌の合図。
この楽曲で真似してみるのも面白いかもしれません。

電車はすべて京浜急行電鉄 2100形快特品川行きです。

東武鉄道/東武東上線の鉄道カラオケ

f:id:HikoPatchi:20180509224619j:plain
電車はすべて東武鉄道 50090型快速急行池袋行きです。

  • 鉄道カラオケ「森林公園~東松山」編
  • 鉄道カラオケ「東松山~高坂」編
  • 鉄道カラオケ「坂戸~若葉」編
  • 鉄道カラオケ「川越市~川越」編
  • 鉄道カラオケ「川越~上福岡」編
  • 鉄道カラオケ「志木~朝霞台」編
  • 鉄道カラオケ「和光市~成増」編
東京メトロ 丸ノ内線の鉄道カラオケ

f:id:HikoPatchi:20180509224620j:plain
電車はすべて東京メトロ 丸ノ内線 02系荻窪行きです。

南海電鉄の鉄道カラオケ

f:id:HikoPatchi:20180509224618j:plain
東京の鉄道のみならず、関西の鉄道も収録されてます。
関西の鉄道第1弾は、大阪から和歌山を繋ぐ南海電鉄
関西育ち(現東京在住)の自分としては、今後の関西の鉄道の追加を楽しみにしてます。

極楽橋高野山」以外南海電鉄30000系特急こうや なんば行き、
極楽橋高野山」は南海電鉄鋼索線コ21形 高野山行きです。

西武鉄道の鉄道カラオケ

f:id:HikoPatchi:20180509224621j:plain
電車はすべて西武鉄道特急スタジアムエクスプレス 西武球場前行きです。

  • 鉄道カラオケ「池袋」出発編
  • 鉄道カラオケ「練馬」通過編
  • 鉄道カラオケ「所沢」到着編
  • 鉄道カラオケ「所沢」出発編
  • 鉄道カラオケ「西武球場前」到着編

キャビンアテンダントになりきれる『飛行機カラオケ』

f:id:HikoPatchi:20180509224623j:plain
アナウンスカラオケ第二弾は飛行機カラオケ。
キャビンアテンダントや操縦士のアナウンスを体験できます!

f:id:HikoPatchi:20180511074806j:plain
飛行機カラオケの探し方は鉄道カラオケ同様、今度は歌手名に「ひこうき」と入力します。

f:id:HikoPatchi:20180511074808j:plain
f:id:HikoPatchi:20180511074809j:plain
こちらはダウンロードコンテンツになるので、再生まで少々時間がかかります。

飛行機カラオケはお手本付き

鉄道カラオケの電車のアナウンスと違って、飛行機のアナウンスは普段聞きなれませんよね。

そんな方でも安心して遊べるようにこの飛行機カラオケではなんと全てのアナウンスにお手本バージョンが収録されています。
JOYSOUNDさん準備良すぎ…!)
f:id:HikoPatchi:20180511074807j:plain
お手本バージョンではキャビンアテンダントの音声がフルで入っているので、まずはこれを聴いてからアナウンスにチャレンジしてみると良いかも。
f:id:HikoPatchi:20180511074811j:plain
f:id:HikoPatchi:20180511074812j:plain
キャビンアテンダント、総合案内のお姉さんの声がカラオケルームに響き渡ります。
ここは一体どこなんだ。
f:id:HikoPatchi:20180511074813j:plain
もちろん英語も収録。

ジェットスター・ジャパンのアナウンスを収録

公式サイトには「第1弾」と書かれていたので、鉄道カラオケ同様、今後もコラボする航空会社が増えていくと思われます。

各楽曲にお手本バージョン付。
f:id:HikoPatchi:20180511074814j:plain
ただし、鉄道カラオケと異なり、飛行機カラオケは採点はできません。

その他のアナウンスカラオケ

今後もアナウンスカラオケの種類は増える予定で、その中で個人的に注目してるのが、デイリーポータルZとコラボしたアナウンスカラオケ!
portal.nifty.com
防災無線、駅トイレ、相撲場内アナウンスなど、一度は聴いたことあるアナウンスが配信されます。

それぞれのアナウンスの独特のイントネーション、それっぽさをいかに再現できるかが、勝負の鍵…!(?

まとめ

歌わなくても様々なコンテンツで楽しめるよやってきたカラオケ友達でアナウンスの真似をしてみてたんアナウンスの真似をしてみたり家族であの普段乗ってる電車の真似をしてみたいするのはいかがでしょうか


【Vuforia】ARを活用した最先端おもちゃをまとめました【Unite Tokyo 2018】

f:id:HikoPatchi:20180509224631j:plain
先日開催されたUnityカンファレンスイベント『Unite Tokyo 2018』に参加してきました。
 
今年は今流行りのVtuberキズナアイ、シロが登壇し大きな話題になっていましたが、AR・VR分野もそれに負けないぐらい多数の講演、ブースの出展がありました。

自分は2日目に、AR開発でお世話になることも多いVuforiaに関する講演『UnityでのVuforiaを使用したARの概要』に出席してきました。

その中でVufoliaテクニカルエヴァンジェリストであるVinny DaSilva氏からARを用いた最先端おもちゃ、ゲームの紹介がありました。

おもちゃ好きの自分としては興味があったのですが、講演中は時間の関係で特に詳しい説明はないまま軽い紹介程度だったので、紹介されてたおもちゃを自分で簡単にまとめてみました。

(講演スライドは後日アップされるようです。)


MERGE CUBE

f:id:HikoPatchi:20180509224626j:plain
不思議な模様をしたこちらのキューブ。

これをスマートフォンにかざすと、キューブにARが投影されて多様なコンテンツで遊ぶことができます。
f:id:HikoPatchi:20180509224628j:plain
宇宙人の住処、お城、万華鏡のような模様、頭蓋骨、仕掛けいっぱいの箱、ゲームコントローラー代わり等。

ただの真っ黒のキューブが様々なインタラクティブな反応を返すおもちゃに変化。

キューブを使ってどんなARコンテンツが作れるか、開発側もワクワクできそうなおもちゃですね。

SwapBots

f:id:HikoPatchi:20180509224627j:plain
トーテムポールみたいな見た目のこちらのロボット。
キューブ型の頭・胴体・脚パーツを付け替えて、オリジナルロボットを作ることができます。

組み立てたロボットをカメラで通して見ると、ARでかっこいいエフェクトが表示され、翼や腕、触手が生えてきます。

ロボットを改造して対戦、更にゲーム内で集めたオブジェクトをロボットの周りに配置して、自分だけのロボット空間が楽しめます。

最初見た時、キューブ重ねるって部分がまるで動物戦隊ジュウオウジャーの合体ロボ、ジュウオウキングみたいだなぁと一瞬思いました(笑)

それはさておき、キューブという単純な形を組み合わせて作るカスタマイズ性、ARで武器を表示して頭の中にあるカッコイイロボットを実現するというこのアイデアが個人的にとても好きです。
https://ksr-ugc.imgix.net/assets/015/904/263/cbe6540000d17ae6b46f8bae0ad29433_original.gif?w=680&fit=max&v=1489771762&auto=format&gif-q=50&q=92&s=8f65906612195e4f5201a84319225fc8
単純なフォルムだけど、どこか心をくすぐるかっこいいメンツ!
ワクワクしませんか!?

OCTAGON STUDIO 4D+ FLASH CARD

f:id:HikoPatchi:20180509224629j:plain
こちらはカードから動物や宇宙が飛び出してきます。

教科書をただ読んで学ぶだけではなく、このフラッシュカードから飛び出たオブジェクトを実際に様々な角度から見て理解を深める、教育用のコンテンツですね。

カードの種類は動物、職業、恐竜、宇宙のラインナップになってます。
どれもデザインが綺麗で、とてもARが飛び出すようには見えませんね。
"公式サイト"

HOT WHEEL AUGMOTO

f:id:HikoPatchi:20180509224630j:plain
レーシング系おもちゃにもARがやって来ました。

動画ではスマホを使って遊んでますが、走ってるミニカーを操縦してるわけではなく、コース上の障害物などにアクションを起こすことができるみたいです。

また、コース上にはARで小型のヘリロボットが飛んでいたり、走ってるミニカーの光の軌跡が表示されたりと、近未来的なレースを見せてくれます。

スマホ上で相手マシンに攻撃することができ、攻撃を受けたミニカーがコースの特定のエリアで減速・ストップしてしまうみたいです。
プレイヤーは簡単なミニゲームをクリアすることで再走行できるようになります。

コース上を駆け巡る光、相手への攻撃等、なんだかマリカやダンガンレーサー(漫画)の表現が現実化したみたいに感じますね。


以上、Unite Tokyo2018『UnityでのVuforiaを使用したARの概要』にて紹介されたおもちゃでした!
ARコンテンツが再び盛り上がってきて嬉しいし、自分も何か新しいAR×おもちゃ作りたくなってきました!


【ニンテンドーラボ】IRセンサー×トイコンガレージで宝探しゲームを作ってみた

f:id:HikoPatchi:20180429002412j:plain
遂に先週発売されました、Nintendo Labo
ダンボールとJoy-Conを組み合わせて新しい遊びを楽しめるほか、各種センサーを使って『トイコンガレージ』で自分でオリジナルのゲームが作れるのも大きな魅力。

少し前になりますが早速オリジナルゲームを作ってみました。

鍵を挿してアタリを見つける「宝さがしゲーム」


【ルール】
・箱の端にある差し込み口の好きなところに鍵を挿す
・当たりの場所を挿して「GET!」と表示されたらクリア
・ハズレの場所に挿すと下のチャンスバーが減少
・チャンスは5回まで 


入力にJoy-ConのIRカメラを使用

このゲームでは鍵を挿した場所を識別するために、箱の中に自転車の反射テープを貼ってます。
f:id:HikoPatchi:20180429000353j:plain
反射テープはDAISOで購入しました。
ニンテンドーラボに付属してる白いテープとは異なりますが、しっかりと反射してくれます。

f:id:HikoPatchi:20180429000356j:plain
f:id:HikoPatchi:20180429000355j:plain
ピンクのJoy-Conに付いてるIRセンサーの真正面に来るように反射テープを貼り付け。
外の光が入らないように蓋をします。(ゲームの都合上、元の箱の形から変形させて設計しました)

f:id:HikoPatchi:20180429000351j:plain
Joy-ConのIRカメラで認識してる箱の中身はこんな感じ。
白い線が反射テープです。暗い箱の中でもはっきりと認識されてます。

反射テープの白い線をトイコンガレージのスポイトノードの入力に使います。
白い線の入力をNOTノードを用いてFalseに変換して待機状態にします。

さて、箱に黒い厚紙で作った鍵を刺します。
f:id:HikoPatchi:20180429000358j:plain
鍵の下の部分が認識に影響するためあまり切り取らず、中央から上を削って鍵の形っぽくしてます。

f:id:HikoPatchi:20180429000357j:plain
箱の切れ目にブスリ!

f:id:HikoPatchi:20180429000354j:plain
中から見るとこんな感じ。
反射テープの一部が鍵で隠れました。

f:id:HikoPatchi:20180429000352j:plain
トイコンガレージで見るとこのように白い線が一部欠けます。
欠けた部分のスポイトノードがFalse扱いになり、それをNOTノードでTrueに変換。

あとはこのTrueになったスポイトノードがハズレなのか当たりなのかで繋ぐ出力ノードを変えています。

ハズレなら音を鳴らしてゲージ減少処理、当たりなら「GET!」文字の出力を行う等。

実際にトイコンガレージを使用してみて。

まず、IRセンサーを使った作品を作る際、できるだけ黒い箱を使ったほうがいいです。
ある程度の大きさがある箱ならダンボールでも大丈夫ですが、小さめの箱の中でIRセンサーを使う時は箱が黒っぽくないと若干誤認識を起こしてしまいます。

たまたま家にあったTheBAUMの箱が黒で助かりました(笑)

細かいことで言えば処理部分とUI部分を同じ画面に設計することになるので、トイコンガレージを開いてすぐ中央にノードを配置するのではなく、ある程度区画の端からノードを置いていくことをオススメします。

GWはNintendoラボでダンボール工作、トイコンガレージでお子さんと一緒にオリジナルゲーム開発をしてみるのはいかがでしょうか?

その他のニンテンドーラボ関連記事


ノードの挙動、仕様についてよくわかりました。トイコンガレージ、たまに勘違いしてしまうややこしいとこありますね(汗)

『ボタンに応じてドレミファソラシドが鳴って演奏できるシステム』。言葉にすると簡単そうに思えても、実際作るまでにどの位手間暇がかかるのかよく分かります…!