ひこぱっちのメモ

ひこぱっちのメモ

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

JOYSOUNDのカラオケ背景映像をスマホで変更する方法!

f:id:HikoPatchi:20180103023247j:plain
カラオケで流れる背景映像に、自分の好きな映像が流せたら最高ですよね?

これまでカラオケJOYSOUNDでは、iOSでのみ『キョクナビJOYSOUND』を使用して背景映像の変更が可能でした。
(背景画像の変更は、iOSAndroid両方可能)

しかし、ようやくJOYSOUNDの背景映像変更がAndroidスマホでも行えるようになりました!

androidユーザーの自分もようやく背景映像変更ができるようになったので、ここではJOYSOUNDandroidを接続して、背景の映像を変更する方法について説明します。

カラオケDAMAndroidを接続する方法は下の記事を御覧ください

スマホに『キョクナビJOYSOUND』アプリをインストール


『キョクナビJOYSOUND』アプリをお手持ちのスマホにインストールしておきます。

アプリとキョクナビをペアリングする

次にアプリとカラオケ部屋に置かれているキョクナビ(曲の予約をする端末)のペアリングを行います。

ペアリングの方法は大きく分けて2つ!

キョクナビIDで連携させる

既にJOYSOUNDのキョクナビIDをお持ちの方は、アプリでログインしておきます。
部屋にあるキョクナビ端末にも同じキョクナビIDでログインしましょう。
f:id:HikoPatchi:20180103023249j:plain
あとは、アプリの「リモコン」>「スマホとリンクが表示されなかった方はこちら」をタップして、「OK」を選択すれば連携完了です。

QRコードで連携させる

キョクナビ端末に「スマホとリンクボタン」がある場合はそれを押すとQRコードが表示されるので、そのQRコードをキョクナビアプリで読み取ると連携が完了します。


カラオケ背景をYoutube動画に変更する

アプリ側で送信する動画を選びましょう。
f:id:HikoPatchi:20180103023235j:plainf:id:HikoPatchi:20180103023234j:plain
アプリの下に表示されてる「盛り上げ」から「動画」を選択し、「はじめる」を押します。

f:id:HikoPatchi:20180103023236j:plain
すると、予約中の動画から関連するYoutube動画一覧が表示されます。
曲の予約が無い場合はYoutubeの人気動画が表示されます。

歌唱・予約中の曲に関連する動画を送信する

f:id:HikoPatchi:20180103023245j:plain
例えばここで『干物妹!うまるちゃんR』主題歌『にめんせい☆ウラオモテライフ!』を送信します。

f:id:HikoPatchi:20180103023238j:plain
すると動画一覧にはうまるちゃんの動画がズラッと表示されます。

f:id:HikoPatchi:20180103023248j:plain
検索機能を使えば曲と関係ない映像も選択できます。

f:id:HikoPatchi:20180103023239j:plain
送信したい動画を選択するとアプリ内で動画の再生が始まります。

(注意!この画面での動画の再生は、ご契約の携帯の回線を使うので、ずっと再生してるとデータ通信量がかなりかかります)

f:id:HikoPatchi:20180103023240j:plain
動画右の送信ボタンを押すと、JOYSOUNDWi-Fiに接続されます。

f:id:HikoPatchi:20180103023241j:plain
もしずっと接続中が続く場合は一旦戻って再度選択するか、Wi-Fi設定画面で「接続」を選択します。
JOYSOUNDWi-Fiに、このように表示されたら、接続完了です。

f:id:HikoPatchi:20180103023242j:plain
動画の転送準備が整ったら、この画面が出るので「表示する」を選択します。
だいたい90秒の動画は10〜20秒ぐらいで転送準備完了になりました(動画、通信環境、端末差はあります

f:id:HikoPatchi:20180103023246j:plain
映像の変更ができました!

なお、映像の送信は歌唱中にしかできません。
スマホで映像の読み込みは歌唱中以外でもできるので、あらかじめ動画を読み込んでおき、曲の開始と同時に転送すると良いでしょう。

送信した動画を消す、元の画面に戻す

f:id:HikoPatchi:20180103023243j:plain
元のカラオケ動画に戻したい場合は、画面右の「送った動画を消す」を押すと元の映像に戻ります。

f:id:HikoPatchi:20180103023244j:plain
送信した動画の再生が終わった場合も、自動的に元の映像に戻ります(ループ再生機能はありません)

なお、カラオケ画面で送信した動画が再生されている時に、スマホ側で別のアプリを立ち上げてキョクナビアプリをバックグラウンドにした場合も、カラオケ画面が元の映像に戻ってしまうので注意です。

実際にカラオケ画面を変えてみた様子


ゴールデンボンバーの『やんややんやNight〜踊ろよ大阪〜』の曲の途中で背景映像をお買いものパンダに変更した様子です。
映像を送信してから数秒間読み込み画面が表示されて映像が変更されます。

以上、androidスマホからJOYSOUNDのカラオケ背景映像を変更する方法でした。
ぜひ新年会等のカラオケで、背景映像をお気に入りの動画に変更して楽しんでください!

今度の記事ではYoutube動画ではなく、自分で制作した動画をスマホから送信する方法を紹介したいと思います。


3ヶ月で、はてなブログに2100記事大量投稿してみたらどうなったか



f:id:HikoPatchi:20171229202939j:plain
アホなことやってたネタ記事です(汗)
 
今年の秋頃から別に作ったはてなブログに、試しに記事を自動生成&自動投稿していました。

その記事数が、積もりに積もって3ヶ月で2100記事
f:id:HikoPatchi:20171229202940j:plain
そんなことをしてたらはてなさんからメールが来て、ブログが非公開になったのでその時のメモです。

なんで記事を大量投稿してたのか

実はこの2100記事分は、自分で書いた記事ではなくて、全てプログラムで自動生成した記事なのです(汗)

先日上げたこちらの記事の最後に書いた自動投稿を行ってました。

実際に自動生成してた記事

f:id:HikoPatchi:20171229193115j:plainf:id:HikoPatchi:20171227174205j:plainf:id:HikoPatchi:20171227174204j:plain
Rubyで収集してきたツイッタートレンドとツイートを目次と記事本文にして自動投稿してました。

自動投稿の具体的な流れ

f:id:HikoPatchi:20171229193302j:plain
Twitterのトレンド上位10個を収集する。

・トレンドの人気ツイート5個ずつクロールして集める(5×10トレンド)。

・トレンドを記事の大見出しにして、ツイートを公式の引用形式で本文として貼り付けていく。
(例:「#ニチアサ」というタイトルでそのハッシュタグのツイートを掲載)

・収集した月、曜日、時刻で記事にカテゴリを設定する。

・サムネイル画像を設定する。

はてなブログに投稿する。

これで後は自分で見返して、「ふむふむ、この時はこんなトレンド、このツイートが話題になってたのかぁ」と情報収集してました。

Togetterみたいにツイートが一覧でサーッと眺められたらいいかなと思ってました。


はてなブログから利用規約についてのメールが

さてさて、1900記事投稿したあたりからはてなさんからこのようなメールが来ました。
f:id:HikoPatchi:20171229193300j:plainf:id:HikoPatchi:20171229193301j:plain
この中の
・記事と無関係な多数のキーワードを羅列する行為
・意味のない自動生成された文章や云々
などに該当したのかなぁと。

利用規約に抵触するとどうなるの?

はてな側からの措置としては、ブログを強制的に非公開状態に変更するとのことでした。

この措置で非公開になると記事やブログを修正しても公開には戻らないそうです。

ただ、ブログ自体は残り、投稿も削除も今まで通りできるので、単に非公開になっただけで使えなくなるというわけではありませんでした。
今は自分だけでそのブログを見てトレンドをチェックしてます。

もし今後、はてなに自動生成した記事を大量に自動投稿したい方は、「こういうこともあるんだぁ」と気をつけていただければ幸いです。(やらないのが一番ですけどね(汗)

雑談

手元に資料が無いので詳細を忘れましたが、海外のメディアでスポーツニュースなどを自動生成して報道してるとこあったような。

あんな感じの未来がもうすぐ来るのかなぁ…(笑)


Twitterトレンド動向を自動収集してお知らせするbotを作った話



f:id:HikoPatchi:20171227174206j:plain
Twitter大好きでいつも見ているひこぱっちです。
 
Twitterには様々な新鮮な情報が飛び交っていて、(多少のバイアスはかかってるものの)巷で話題になってるコンテンツがすぐに分かって便利ですよね。

TLだけでなくTwitterトレンドを見ればより広い話題を拾えますが、主にスマホアプリでTwitter見てる自分としてはいちいちトレンド開くのが面倒に感じてます(タブ切り替えるだけなんですけどね(汗)

というわけで今回はTwitterトレンドをランキング形式でまとめて画像で紹介するbotツイッタートレンド紹介ちゃん」を作りました。
f:id:HikoPatchi:20171227174202j:plain

Twitterトレンド紹介botの機能

Twitterのトレンドを1時間ごとに収集して、その時間のトレンドをツイートしてくれます。

トレンドランキングを画像に記載してツイート

単に文字でツイッタートレンド表示されるより、画像で示したほうが視認性が高いと感じたので、トレンドは画像の右側に載せて表示してます。
f:id:HikoPatchi:20171227180011j:plain
ただ、ハッシュタグなどは文字としてツイートしたほうがハッシュタグ先に飛びやすいので、ツイート文でもある程度はトレンドワードを載せました。

トレンドの画像をランダムで表示

ランクインしたトレンドのトップツイートからランダムで、ツイートに添付されてる画像をランキングの左側に載せてます。

たまにトレンドからは予想付かない画像が流れてきて、「え、これなに!?」って発見が多々あります。

(出典元のツイートURLは画像下に記載させていただきました。)

トレンドランキングの順位変動を記録

そのトレンドが今どのくらい話題なのか知りたいので、順位の変動表示も付けました(CDTV的な。)

1時間前のトレンドを記録して、今のトレンドが1時間前と比べて盛り上がってるかどうかを示します。

「↑」が1時間前より話題になっているトレンド、「↓」が盛り上がりが落ち着いてきたトレンド、「→」が順位変動なし、「☆」が新しくランクインしたトレンドです。


トレンドのトップツイートをまとめて自分サイトに投稿

f:id:HikoPatchi:20171229193115j:plainf:id:HikoPatchi:20171227174204j:plainf:id:HikoPatchi:20171227174205j:plain
ランクインしたトレンドの人気ツイートを一挙に見たいので、自分のサイト(このひこぱっちのメモではないです)にまとめて自動投稿するようにしました。

ただ、この点は色々問題が…(汗)(この自動投稿機能うんぬんについてはまた後日)

Twitterトレンド収集botを2ヶ月ほど稼働してみて

今までTwitterのトレンドは大きな事件が起こったときや、イベントに参加してるとき、ニチアサタイムにしか自発的にチェックしてませんでした。

Twitterトレンドbotを稼働させてからは、何が今話題になってるか、自分が今まで興味がなかったことでもチェックでできるようになったので、情報収集の面で充分役立ってます。

また何か思いついたら別のbotも作ってみようかと思います。