ひこぱっちのメモ

ひこぱっちのメモ

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

vuforiaでピントが合わない、ターゲットを認識しない時の対処法

Unityで簡単にARアプリを作れるVuforia

Unityでは、ARアプリを作る際にVuforiaというライブラリを使うと手軽に制作することができます。

VuforiaとはQualcommが提供するAR制作用のライブラリです。認識精度が高いことでも知られ、平面のマーカーだけではなく、立体のマーカー認識、クラウドでの認識、カメラからマーカーが離れた際の追従認識など、さまざまな形でARの機能を簡単に実装できます。

引用元 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1508/24/news025.html

Unityと、androidiOSのビルド環境さえ整っていれば、10分ちょいでARを楽しむことができます。

さて、ARの設定自体は自分でも簡単にできたのですが、実際にvuforiaを用いて実行したところ、画面がぼやける・フォーカスが合ってない・ピントが合わないからターゲット(ARマーカー)を認識しないといった点で詰まっちゃいました。

(ボヤケつつもARは表示されましたが。)
調べた結果、ピントが綺麗に合うようになったのでその時の方法をメモしておきます。

※vuforiaの具体的なUnityへの導入方法や、実行方法、ターゲット(ARマーカー)の登録方法はここでは割愛させていただきます。


androidでvuforiaを実行したときにピントが合わない

実行環境

  • Unity 5.6.0 Pro
  • vuforia-unity-6-2-10
  • XperiZ5 Premium、Xperia XZ (android6.0)

vuforia用いたARアプリを作り、ターゲットマーカーにカメラを向けたところ、かなり画面がぼやけてしまいました。
下のスクショの通り、パンダがボヤケてますし、下のパッケージの文字も読めません。
f:id:HikoPatchi:20170712222704j:plain
どうやら自動でフォーカスはしてくれないようで、うまくターゲットにピントが合いません
vuforia使うとカメラの解像度が落ちるかと思って少し諦めかけましたが、ちゃんとフォーカスする方法がありました。

ARcameraにオートフォーカススクリプトをアタッチ

ググったところ、以下のフォーラムでオートフォーカスに対する解決策が出てました。
このページからCameraFocusController.zipをダウンロード

中に入ってるCameraFocusController.csをプロジェクトに取り込み、Hierarchyに配置したARcameraにアタッチします。

AndroidManifestの編集

次にAndroidManifestにオートフォーカスについて記述します。
UnityのProjectから、Assets>Plugins>Android>AndroidManifest.xmlを開きます。
そこに

<uses-feature android:name="android.hardware.camera" />

と書かれている行があると思うので、その行の下に

<uses-feature android:name="android.hardware.camera.autofocus"/>

を追記します。

これでもう一度アプリをビルドすると小さなターゲット(マーカー)でもちゃんと認識してオブジェクトを表示してくれます。
f:id:HikoPatchi:20170712222703j:plain
オートフォーカスが動作しているので、綺麗にターゲットが映ってますね。

オートフォーカスが機能するまではある程度大きな模様しか認識できませんでしたが、オートフォーカスが機能してくれたお陰で小さな模様でも認識するようになりました。
(vuforiaでARマーカー作る際はもう少し複雑な模様や特徴を含んだほうが良いみたいですけどね)

めでたしめでたし。

vuforiaとunityを使ったARアプリ制作参考

http://win8dev.hatenablog.com/entry/2013/02/27/230905
http://qiita.com/akanei_main/items/6bde438747fe116ef124


ガッシュカード第1弾の懐かしいカードを紹介する

ガッシュカードの思い出を急に書きます。

今、深夜3時です。
別の大学の知り合いが研究で使う、開発環境構築を手伝いながら書いてます。
深夜テンションってやつですね。

さて、ガッシュカードは発売から10年以上経ちますが、今でもこのブログにガッシュカードの記事を見に来る方がちょいちょい多くいらっしゃいます。

そして現在、金色のガッシュは毎週月曜にニコニコ一挙配信、Blu-ray発売、スマホケース、新作フィギュア登場などが行われています。

ガッシュを見て育った小中学生(今の大学生〜社会人)は色々懐かしく感じることでしょう。
そんな人気作品『金色のガッシュ!!』といえばガッシュカードも当時大きな人気とブームを巻き起こしました。
その懐かしいガッシュカードを画像とともに少しずつ振り返ろうと思います。

(研究の開発環境整えながら)


ガッシュカード第1弾『赤い本と魔物の子』

金色のガッシュベル!!THE CARD BATTLEの記念すべき第1弾です。
すぐに遊べるスターターセットには赤い魔本が同梱されていました。

最初の弾ということもあって、効果はシンプルなものが多いですが、シンプルが故に長年に渡って使われたカードもちらほらあります。

山札を作らず、魔本に入れて遊ぶという斬新なスタイルが当時のカードゲームの常識を覆しました。

ガッシュ・ベル

f:id:HikoPatchi:20170618015138j:plain
1番最初の魔物カードは勿論主役のガッシュ

第1弾に収録されていたガッシュは3種類で全てSR(スーパーレア)でした。
ノーマルがないので少し集めにくいのでは、と当時感じました。

この魔力4000が標準的な魔力の指標となってました。

フェイン

f:id:HikoPatchi:20170618015134j:plain
原作のジケルド発動回に登場した初期の魔物。
アニメでは若本さんの声で登場しました。

これといって魔物自体は強いわけではないですが、いきなり相手の魔本を見て好きな魔物を捨てることができるので相手のペースを乱すことができました。
普通のカードゲームでいうと山札全て見て好きなモンスターを墓地送りできるようなもの。

頭の良い人だったらこの効果を使った後は、ゲーム中相手が今持ってる手札や次に来るカードがわかっちゃいます。
ガッシュカードはデッキをシャッフルしないのでカードの順番は固定)

ザケル

f:id:HikoPatchi:20170618015226j:plain
ガッシュ第1の術。
第1弾だけ「敵1体にダメージ」と表記されていました。
敵1体と書かれてますが相手の魔本が攻撃対象であり、魔物1体に攻撃するわけではありません。

当時このことを巡って友達内で「魔物に攻撃できる・できない論争」が勃発してたのは懐かしい話。

バオウ・ザケルガ

f:id:HikoPatchi:20170618015222j:plain
ガッシュベル最強の術。
初期のカードではバオウ・ザケルガは青い龍でした。
ダメージ3が強い術の指標になってました。

ポルク

f:id:HikoPatchi:20170618015335j:plain
第1弾のみ、ダメージ0の術カードが存在してました。
攻撃に成功しても、相手の魔本はめくりません。

細川

f:id:HikoPatchi:20170618015237j:plain
みんな大好き銀行強盗。
当時の環境で猛威を奮って、そこらかしこが細川だらけでした。
相手のMP3奪っといて、自分はMP3増量させる恐ろしいやつ。
まさしく原作通りの強盗っぷり。

デュエルマスターズで言うと相手のマナ3減らして自分のマナ3増やす感じ?

この画像は真ルール(終盤で急遽行われたルール改定)フォーマットに改定されたものです。

パルコ・フォルゴレ

f:id:HikoPatchi:20170618015233j:plain
上記の細川が使われる前に捨ててしまえるカードです。
何気にパートナーカードに魔物が一緒に映ってるのはとても珍しいです。

単純な効果故に使い勝手が良かったです。

大海恵

f:id:HikoPatchi:20170618015229j:plain
相手の術を無効にできます。
攻撃を1回ノーコストで凌ぐことができ、まさしくティオのパートナーらしい効果となってます。

「術を無効にする」ので、攻撃だけでなく、なにげに相手の防御の術も無効にして自分の攻撃を押し通すこともできちゃいます。

ブリ

f:id:HikoPatchi:20170618015152j:plain
行動の源となるポイント、MPを回復させるイベントカード。
これで回復しても細川はそれを上回る量のMPを奪ってはいきますが。

後のシリーズに登場したブリ関連のカードもMP回復系の効果となってます。

ナオミちゃん

f:id:HikoPatchi:20170618015146j:plain
ガッシュカードではどんなに魔力が強い術でも、「かばう」を使われると攻撃が通らなくなります(各魔物2回までかばえる)
先のバオウ・ザケルガのように、魔力が強くて防御の術にも勝てる自身がある、かばわれて防がれたくない!というときに使うイベントカードです。

相手は今のページに防御できる術がないと「かばう」ことでしか魔本を守れないので、必ず強い術とセットで使ってました。
後に絵柄違いのナオミちゃんも登場しました。

ウマゴン

f:id:HikoPatchi:20170618015142j:plain
当時最高レアリティのURで、大会上位者は必ず入れていたカード。
「魔本をめくる」という行為は防御されることもなく、かばうこともできないので、確実に相手の魔本をめくることができます。
(必ず相手のライフポイント、シールドを削れるようなもの)

あまりにも強いので、このカードを名指しして使えなくするカードも登場しました。

この画像も真ルールフォーマットのものです。



以上、ガッシュカードの思い出第1弾です。
初期に出た単純な効果って、単純だからこそ後になってもまだまだ使えて脅威になりえるものが多かったです。

またしばらくしたら第2弾も気ままに書いて、当時遊んでた方に懐かしんでもらえたらなと思います。

ではでは。

カラオケにスマホをつなぐ&背景画像変える方法!(DAM編)

カラオケにスマホを繋いで背景を好きな写真にしよう!

カラオケDAMの背景に画像をスマホで送って変更する方法を紹介します。

androidiPhoneどちらでも大丈夫です。

USBを使って、画像、更には動画を表示させたい方はこちらもどうぞ(少し手間がかかりますが)

今回はsmartDAM(スマートデンモク)を用いて、DAMスマホの接続する方法を説明します。
JOYSOUNDはまた後日)

DAM会員じゃなくても使えます。

実はカラオケでスマホのつなぎ方を検索すると以前自分の書いた別の記事(機器の説明)が出てしまうので、今回新しく書き直しました(汗)


スマホデンモクminiアプリの準備をする

まずはデンモクminiをインストールします

http://lh4.ggpht.com/PQzMsrG630BsG2H22-y7Kp8hIu6jHI0vBy67OkNg2Xmg4kqKTfdhfU1tZum2vkb1YvM=w170
iPhoneの方はこちら↓

 

androidの方はこちら↓

 


f:id:HikoPatchi:20170331202913j:plain
デンモクminiの左下にある、『DAMとつなぐ』を今回は使用します。

次のSmartDAMの画面を表示させてから、この『DAMとつなぐ』をタッチして下さい。

SmartDAM側でスマホと連携する準備

f:id:HikoPatchi:20170331202919j:plain
SmartDAMの真ん中下に表示されている『DAM☆とも』をタッチします。(緑色の枠で囲っているところです

f:id:HikoPatchi:20170331202906j:plain
上から2つ目の『コンテンツ』を選択。

f:id:HikoPatchi:20170331202907j:plain
精密採点DX』や『ランキングバトル』等が並んでいるリストを下の方までスクロールしていきます。

下から2番目に『スマートフォンペアリング』という項目があるのでこちらをタッチします。
f:id:HikoPatchi:20170331202909j:plain
すると「2次元コードを表示」と書かれたボタンが出るので、それをタッチ。

スマホDAMを連携する

f:id:HikoPatchi:20170331202910j:plain
カラオケアプリのページに飛ぶので、ここに表示されているQRコードデンモクminiで読み取ります。

なお、大勢で一斉にDAMスマホを繋げたい場合は、『予約』ボタンを押すとカラオケの画面にQRコードが表示されます。

(SmartDAMで皆で順番に繋いだほうがスムーズかな。

f:id:HikoPatchi:20170331202914j:plain
スマホをsmartDAMにあまり近づけすぎず、QRコードがハッキリと映るように調整します。

f:id:HikoPatchi:20170331202915j:plain
読み込みが成功すると、デンモクminiが自動的に接続を開始します。

デンモクminiでDAMに画像を送信

あとは、スマホ内のフォルダが表示されるので、そこからカラオケの画面に表示させたい画像を選びます。
なお、選択できるのは写真、画像のみです。

f:id:HikoPatchi:20170331202916j:plain
写真、画像を選択したら、スマホ画面に表示されてる画像を上方向にスライドして飛ばします。結構楽しい。

f:id:HikoPatchi:20170331202918j:plain
画像がDAM送信成功すれば、画像の入ったカラオケがスマホに表示されます。

f:id:HikoPatchi:20170331202911j:plain
ちゃんとカラオケの背景に送信した画像が表示されてますね!

f:id:HikoPatchi:20170331202912j:plain
画像は何度も変更したり、元のカラオケ画面に戻したりもできます


スマホの写真がDAMに送れない時の対処法

f:id:HikoPatchi:20170331202917j:plain
「写真を送信できませんでした 再送しますか?」というメッセージが表示され、上手く送信できないときがたまにあります。

この場合、まず再度送信を行ってみてください。
次に、それでも上手くいかなかった場合は、自分の座ってる場所を移動して、送信し直します。(スマホの電波なども確認)

経験上、一度画像の送信がうまくいくと、次からはどこからでもすんなりとDAM送信しやすくなります。

また、精密採点などのコンテンツを使いながら歌ってる時は、何度やっても画像が送信できなかったので、通常のカラオケに変更しましょう。


スマホでカラオケに画像送信機能を使って、ぜひともDAMのカラオケをもっと楽しみましょう!