ひこぱっちのメモ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひこぱっちのメモ

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

書籍代節約!本を半額で読む方法

f:id:HikoPatchi:20160425042613p:plain

本代を節約して、読める本を増やしていく!

本屋へ行った時に、読みたくなる本が見つかった時って嬉しいですよね。

ですが、
あれも読みたいこれも読みたいと欲が出ますが、書籍代も節約しないといけません。

また、部屋に置き場所も段々無くなってきます(汗)

本の出費を抑えて、場所も定期的に空けれるのが理想的ですよね。

以前書いた記事

今回は書籍代の出費を半額で済ませるために実践してみたことを紹介します。
といっても、特にこれと言って裏ワザ的なことをしてるわけではありません(汗)。

なお、今回の節約術は「書籍代の出費を半額ぐらいで済ませる方法」であって、半額で購入する方法ではないです。


読んだ本はメルカリですぐに売れば、半額分返ってくる!

書籍代を半額にするために使うのは、おなじみフリマアプリのメルカリ。
方法は超簡単で、読んだ本をメルカリに出して売るだけ。


フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
開発元:Mercari, Inc.
価格:無料(アプリ内購入あり)(広告を含む)
平均評価:4.4(合計108,130件)
ダウンロード:500万回以上
(2017年3月15日時点)
お笑い芸人のカズレーザーさんも以前、読み終わった本はすぐに処分と言ってました。

よく読む技術書とか以外の本って案外次なかなか読まないですもんね(個人差はあります

メルカリに出品したらどれぐらいで売れるのか?

僕が以前メルカリで読み終わった本を売った時の例です。

藤由達藏さんの『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる: 能力以上に結果が出る「行動力」の秘密』を読み終わり、誰かに譲ろうとしてメルカリに出品しました。

本を購入した時に残しておくもの

書籍を買った時の購入金額は約1300円でした。
この時本屋によっては無料でもらえるブックカバーや、しおりは大事に残しておきます。
また、本自体を入れてもらった書店の袋も大事に保管します。

メルカリに読み終わった本を出品する時のポイント

本は汚さないように紙のカバー掛けたままで読みます。
読み終わったら、書籍に書かれてた大事な部分はどこかにメモするなり頭に入れるなりして、本の出品に取り掛かります。

メルカリアプリで表紙の写真を撮って、サムネイルにします。
また、メルカリではサムネイルが正方形なので、横長の写真にならないように気をつけます。
f:id:HikoPatchi:20170315224155j:plain
商品の説明には、ブックカバー、栞付きであること、また、本の内容を少し要約して、どう役立ったかを載せます。
やっぱり、向こうも得するものを読みたいですし。

1300円の本を1200円で出品しました。
メルカリは値下げ前提文化が根づいてるのでまぁまぁ強気の値段を提示しておきます。

実際の利益

実際には値下げに応じて1100円まで下げて売れたので、
1100円-メルカリの手数料(10%)-郵送代(300円ほど)
= 690円

元の書籍代が1300円なので、約半額分の値段で売れました

もし、あまり手元に本を置いておきたくない&少しでも書籍代を節約したい方はぜひ一度メルカリをご活用下さい。


広告を非表示にする