ひこぱっちのメモ

ひこぱっちのメモ

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

Illustrator CC 2015で描いた線が消えた時の直し方



Illustrator CC 2015で線を描いていた際に、続けて描くと前の線が表示されなくなりました(汗)。あれ?

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

Illustratorで書いた線が消えてしまう…

まず鉛筆ツールで「1」を
f:id:HikoPatchi:20150629215107p:plain

続けて「2」を描く。するとアートボード上に「1」が表示されない。(レイヤーには表示されてる
f:id:HikoPatchi:20150629215108p:plain

全選択すると、確かにアートボード上にあるのは確認できる。
f:id:HikoPatchi:20150629215109p:plain

線が消えないようにする設定

原因は画面左上のコレ。GPUパフォーマンスアイコン。
f:id:HikoPatchi:20150629215110p:plain

このアイコンをクリックし、環境設定へ。
GPUパフォーマンスのチェックを外します。
f:id:HikoPatchi:20150629215111p:plain

すると無事、描いてた線がちゃんと表示されました。
線の色、太さも設定したとおりで大丈夫。
f:id:HikoPatchi:20150629215112p:plain

コレ関連で他にもこのような問題があるそうです↓
Illustrator CC 2015 GPU Issues



(記事と全く関係ない)追記:
今日はこんなことがありました。


北海道のペヤング的立場の「やきそば弁当」!付属の粉末と捨てるお湯で中華スープが作れるようになってて面白かったです。美味しい!
北海道のカップ麺はまた後日食べてみます。
これでお腹をどうにか満たそう...(笑)感謝!!!