ひこぱっちのメモ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひこぱっちのメモ

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

windowsでcabocha実行したらmorph.cppでエラー出た時の対処法メモ

Windows自然言語処理環境を整える

Windows環境で自然言語処理(の中の係り受け解析)を行う際にcabochaをインストールしました。

cabochaとは何するもの?

cabochaはSVM(機械学習に用いられるアルゴリズムのひとつ)に基づいた日本語係り受け解析器です。
cabochaを入れて実行することで、与えられた日本語文に対し、どの語がどの語に係るかといった修飾関係を解析することができます。
cabochaを使用するには事前に辞書であるMecabをインストールしておく必要がありましたが、これは以前行ったので大丈夫でした。

 

ということで文字コードも合わせて早速cabochaを入れて実行してみたところ以下のエラーが表示されました。

morph.cpp(90)[g_mecab_parse_lattice]

色々なcabochaのバージョン入れてたけどなぜかこのエラー。(そもそも、元々入れてたMecabにも問題ありでした。

実行できたMecabとcabochaの組み合わせ

結局、Mecab-0.996、cabocha-0.66を順に入れなおしたら直りました。
片方のparse_lattice部分が問題だったっぽい。
とりあえず簡単にメモ書きとして残しておきます。

その他Windows環境で自然言語処理をする際のメモ

自然言語処理の基本と技術 (仕組みが見えるゼロからわかる)

自然言語処理の基本と技術 (仕組みが見えるゼロからわかる)

 
はじめまして! 女子高生AIりんなです

はじめまして! 女子高生AIりんなです

 

 

広告を非表示にする