ひこぱっちのメモ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひこぱっちのメモ

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

ウルトラマン創世記展に行ってきました。

今日、友達に誘われて、「ウルトラマン創世記展 -ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ-」を見てきた。

f:id:dasi_memo:20140525232759j:plain

まだ展示期間中なのでどのようなものが展示されてたかは、あまり触れませんが、満足な内容でした。

資料の中身を見たり、ウルトラマンでおなじみのあのシーンの撮影用人形を見たり。
壁に展示されていた綺麗に塗られた◯◯や◯◯は思わずずっと見てた。
あんな風に描いてみたいなぁと思ったり。

物販コーナーでは、ウルトライブできるソフビ人形があふれるぐらいたくさん散らばって置いてあった。ウルトライブ用のソフビ、ちっちゃくてかわいらしい(笑)。
そのとなりにはウルトラマンギンガの変身グッズ、人形、限定色ソフビ、ウルトラエッグ。

その後は「平山郁夫 世界遺産シリーズ1 心に描く南京城」で絵画を鑑賞。
普段こういったものを鑑賞する機会が無いのでとても新鮮。
事前に友達からは「ラクダ」ということだけを聞いていて、ラクダの絵画は最後の部屋で見れた。中国の風景を描いた絵が多く、ある部屋の景色の絵画は茶色っぽい雰囲気、ある部屋の景色の絵画は青っぽい雰囲気といった感じも。

 

個人的に展覧会で、小さい子どもが親に「あれがウルトラマンレオでー、アストラがその弟でー」って説明してる姿を見て、なんだか嬉しい気分になった。ウルトラマンって今、静かに放送してる感じがあるので、忘れ去られてないかなぁとも思ってたりもしたので。最近のウルトラマンは昭和怪獣をどんどん復活させて出してるので、その怪獣の初出の昭和ウルトラマンを知らなくても、怪獣の名前をどんどん言ってる子もいて、おおおぉと密かに感心(?)してた。
他には怪獣の展示品が怖くて泣いてる子もいたり。実際、けっこう怖いのはいくつかあった。
あと、「ツインテール」の認知度の高さには驚いた(笑)。性別、年齢問わず、みんな「あ、ツインテールだ!」って言ってた。

今回誘ってくれた友達はあまりウルトラマンとか詳しくないけど、色々見て楽しんでくれた(かな、多分。)ので、それも嬉しかった。というかこうやって特撮とかあまり見てこなかった人と一緒に見れたのがなによりも一番嬉しかった。

広告を非表示にする