ひこぱっちのメモ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひこぱっちのメモ

特撮系、プログラミング、好きなもの、カラオケなど普段の気になったこと等をメモするブログです。

『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』感想

◆特撮 ◆特撮-仮面ライダー

DVDを何本か借りて仮面ライダーの映画を観た。既に観たことあるのもあるけど再度観た。

今回は『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』。

昭和の仮面ライダー1号から放映時点で次回作の仮面ライダーWまでが登場する映画。

あの時は今みたいな「今年も全員集合」的なことがなかったから(一足お先に円谷さんがウルトラマンメビウスでしてたけど)、全仮面ライダー集合の映像はかなり衝撃的だった。

あの映画のおかげで昔の仮面ライダーも目を向けてもらえるようになったと思う。仮面ライダーシン、ZO、Jなんて、そうそう知る機会ないだろうし。

絶対に交じり合わない平成仮面ライダーが別の仮面ライダーと同じ画面にいるってだけでもう感動した。

最初の全仮面ライダー対決も、ちょっとした繋がり同士で面白かった。

仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム VS 仮面ライダーX(水&杖使い対決)

仮面ライダーブレイド VS 仮面ライダーストロンガー(電気&カブトムシ対決)

仮面ライダーディケイドヒビキ VS 仮面ライダーアマゾン(ライダーっぽくない対決?)

仮面ライダーディケイドカブト VS 仮面ライダーBLACK RX(チート対決?)

仮面ライダーZXと龍騎や、スカイライダーとイクサは何か繋がりあったのかわかんなかった。

そして仮面ライダーディケイドが優勝。ただ、これは大ショッカーの罠で、全怪人が街で暴れだす。えらい手間省いたなぁと思った。あと、斬られた人の血しぶきがやたらとリアルだった。

そのあとのGACKTライダーマン/結城丈二)の登場は、改めて観なおすと、画面に釘付けになる感じだった。映画放映中にラジオでこの映画が取り上げられていて、街頭インタビューで、女性が「GACKTが出てて、とてもかっこいいから見に来ました!」みたいなことを言ってた。実際、近所の映画館には、ホントにGACKT目当ての女性が多くいた。

GACKT版結城丈二、いい役だった。

そしてなんだかんだあって再集結する全仮面ライダー。このシーン好きだけど、話の都合上、仮面ライダークウガ仮面ライダーJがいないのがすごく残念。

せっかく新登場した仮面ライダークウガ ライジングアルティメットもなんだかやられてばっかりだし...。

そして今では恒例になった新仮面ライダーのお披露目戦闘シーン。

ダブルドライバーの音声部分が放送時とは少し異なってた。

最後は怒涛の巨大化キック。

みんなが各世界に戻るときにやっと、賀集利樹さん登場。ほぼ十年ぶりにみた津上翔一役の賀集さんが出て感動した。欲を言えばもうちょっと出てほしかった。

仮面ライダーディケイド好きの自分からすると十分これで満足でした。